クレジットカードを持つメリット

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードを持つメリット

メリットは「信用」プラス、利用で貯まる「ポイント」

クレジットカードには持つことによって得られるメリットがいくつかあります。「信用」を証明するというのもその1つですが、クレジットカードには必ず使った金額に応じて付与される「ポイント」というものがあり、カード選びではこの「ポイント」が鍵をにぎります。

「ポイント」は目的をもってしっかり貯めることで、かなりのお得につながるクレジットカード利用の最大の醍醐味。貯まっだポイントは好きな商品や商品券、航空マイレージに交換するなどのことが可能です。

クレジットカード選びのチェック項目

年会費 もちろん安いことに越したことはない。年会費無料で特典や保険などが付いているカードも少なくないので探してみよう。また、年会費が設定してあってもカード利用で実質無料になるものも少なくない。
ポイント還元率 0.5%が一般的だが、1%のものも少なくない。ただし還元率だけではなく、いくらごとに貯まるかもチェックしたい。還元率が高くても1000円くからいしか貯まらないものから、還元率は平凡でも100円から貯まるものまでいろいろだ。
特典制度 利用金額に応じて翌年のポイント還元率が倍以上に高まる、あるいは一定金額ごとにボーナスポイント付与、カード利用で割引などいカードによってもっとも異なってくるのがこの部分だ。
付帯保険 盗難・紛失補償、ショッピング保険、ネット不正保険、海外・国内旅行傷害保険などさまざま。また、旅行傷害保険の場合は、自動で付いてくるのかクレジットカードで旅行代金支払いの場合だけなのかなどの条件面もチェック。 
国際ブランド 海外での利用幅を考えるとVISA、MasterCardが一般的。国内の利用が多いのであればJCBもサービスが多く魅力的。ステータスを求めるのであれば、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブというのが基本的な選び方。
電子マネー カード自体を電子マネーとして使えるのか。チャージでポイントが貯まるのか。付帯している電子マネーのポイント制度はどうなっているのかなどチェック項目は多い。まずは、どの電子マネーに強いのかという特徴をチェックしてみよう。

クレジットカード

  • ショッピング用のカード
  • 通勤・通学用のカード
  • ステータス用のカード

JCB EITカード
ANA・Suica・VISAカード
シティーエリート

JCB EITカード

無料
ショッピングリボ専用カード。JCB最強のポイント還元率を誇るカード。

ANA To Me CARD PASMO JCB

2,100円/年
毎日の通勤・通学でマイルがたまる!海外旅行保険も充実。

シティーエリート

3,150円/年
ゴールドカードの中では年会費が最も安い。ステータス用のカード。

お得なクレジットカード

お得カード

スイカカード
特典

ANAカード
特典

楽天カード
特典

シティカード
特典

総合人気ランキングをみる

スピード発行のクレジットカード特集

キャンペーン

カード比較ランキング

目的別

総合ランキング
年会費無料で比較
ポイント・マイル還元比率比較
ステータスで比較
ETC・ガソリンで比較
買い物で比較

目的でクレジットカードを選ぶ

目的別

ゴールドカード
プラチナカード
年会費無料
マイルが貯まる
スイカ(Suica/JR東日本)
私鉄(小田急・東急)
PASMO(パスモ)
ETC・ガソリン割引
スーパー・デパート・コンビニ
携帯・電話代がお得
学生でも持てる
海外旅行傷害保険付き

クレジットカード発行会社

クレジットカード発行会社

三井住友VISA
三井住友VISA

JCBカード
JCBカード

三菱UFJニコスカード
MUFGカード

セゾンカード
セゾンカード

楽天カード
楽天カード

アメックス
アメックス

ダイナースクラブ
ダイナースクラブ

シティーカード
シティーカード

ANAカード
ANAカード

JALカード
JALカード

UCカード
UCカード

オリコカード
オリコカード

チェックポイント

クレジットカードの基礎知識

基礎知識

今さら人に聞けない!

クレジットカードの仕組みから
有効なマイル・ポイントの貯め方まで・・・

カードに関する素朴な疑問にお答えします!

チェックポイント

クレジットカードは各社ともに様々なサービスがあり、多くの方が複数カードに入会しているようです。買い物、キャッシング枠の利用は、自分の収入に合わせ、確実に支払える分だけにとどめるようにしましょう。
また他人へのカード貸出し・盗難には十分注意してください。

その他