買い物でもSuica(スイカ)を貯めれる最強クレジットカード

Suicaが貯まるクレジットカードを選ぶ

残念ながらSuicaが貯まるクレジットカードはそんなに種類がない。Suicaはもはや現金と同じ。コンビニなどでも使えるから現金キャッシュバックと変わらない。将来も改変されないであろう安定的な還元率を見込むならやはりJR系のクレジットカードがいいだろう。

とにかくSuicaにチャージ。それだけで1.5%の還元率!エキナカユーザーはポイント獲得率が高い

ビュー・スイカ・カード

年会費 初年度年会費 ETCカード ショッピング枠 キャッシング枠
500円 500円 500円/年 50万円程度 最大25万円程度
ポイント還元率 電子マネー還元率 国内旅行保険 海外旅行保険 発行期間
0.5%

1.5%(Suica)

1,000万円 500万円 10日前後

Suicaにチャージするだけで1.5%ポイント還元。さらにエキナカショップ、構内自販機、紀伊国屋など対象店で利用すればさらにポイントが貯まる。

詳細・申込

JALカード機能を搭載しつつSuicaに対応。チャージでマイルを貯められる。

JALカードSuica

年会費 初年度年会費 ETCカード ショッピング枠 キャッシング枠
2,100円 無料 無料 10-80万円 最大50万円
ポイント還元率 電子マネー還元率 国内旅行保険 海外旅行保険 発行期間
0.5% 1.5%(Suica) 1,000万円 1,000万円 10日前後

JALカードにSuica機能を搭載。チャージ時にもポイントが貯まり、ビューサンクスポイントとして1.5%還元される。またJMBローソンポイントへの交換可能。

詳細・申込

ポイントにはマイルもSuicaも!電車から航空機までコレ1枚で対応可能!

ANA VISA Suica カード

年会費 初年度年会費 ETCカード ショッピング枠 キャッシング枠
2,100円 無料 無料 10-80万円 最大50万円
ポイント還元率 電子マネー還元率 国内旅行保険 海外旅行保険 発行期間
0.5% 0.5%(Suica) 1,000万円 1,000万円 10日前後

ANAカードにSuica機能を搭載。ビューサンクスポイントは貯めることができないが、Suicaチャージで0.5%のワールドポイントが貯まり、ANAマイルに移行可能。

詳細・申込

交換比率が66%に下がったものの、ビックカメラ利用でSuicaを貯めることができる。

ビックカメラ・Suicaカード

年会費 初年度年会費 ETCカード ショッピング枠 キャッシング枠
無料
(1回以上利用)
無料
(1回以上利用)
なし 10-50万円程度 最大20万円程度
ポイント還元率 電子マネー還元率 国内旅行保険 海外旅行保険 発行期間
0.5% 1.5%(Suica) 1,000万円 500万円 3週間程度

家電を買って貯まったポイントをSuicaに移行(交換比率66%)できる。1,000円をSuicaにチャージすると15円分ポイントが貯まる。

詳細・申込

お得なクレジットカード

お得カード

スイカカード
特典

ANAカード
特典

楽天カード
特典

シティカード
特典

総合人気ランキングをみる

スピード発行のクレジットカード特集

キャンペーン

カード比較ランキング

目的別

総合ランキング
年会費無料で比較
ポイント・マイル還元比率比較
ステータスで比較
ETC・ガソリンで比較
買い物で比較

目的でクレジットカードを選ぶ

目的別

ゴールドカード
プラチナカード
年会費無料
マイルが貯まる
スイカ(Suica/JR東日本)
私鉄(小田急・東急)
PASMO(パスモ)
ETC・ガソリン割引
スーパー・デパート・コンビニ
携帯・電話代がお得
学生でも持てる
海外旅行傷害保険付き

クレジットカード発行会社

クレジットカード発行会社

三井住友VISA
三井住友VISA

JCBカード
JCBカード

三菱UFJニコスカード
MUFGカード

セゾンカード
セゾンカード

楽天カード
楽天カード

アメックス
アメックス

ダイナースクラブ
ダイナースクラブ

シティーカード
シティーカード

ANAカード
ANAカード

JALカード
JALカード

UCカード
UCカード

オリコカード
オリコカード

チェックポイント

クレジットカードの基礎知識

基礎知識

今さら人に聞けない!

クレジットカードの仕組みから
有効なマイル・ポイントの貯め方まで・・・

カードに関する素朴な疑問にお答えします!

チェックポイント

クレジットカードは各社ともに様々なサービスがあり、多くの方が複数カードに入会しているようです。買い物、キャッシング枠の利用は、自分の収入に合わせ、確実に支払える分だけにとどめるようにしましょう。
また他人へのカード貸出し・盗難には十分注意してください。

その他